●組織・定款

一般社団法人 いのちを守る@プロジェクトJAPANは、

いのちの大事さとそれを自ら守る事の具体的なすべの普及を目指しています。


【組織・役員】

役  職 名  前
代 表 理 事 髙貝 正芳
専 務 理事 柏原 由興

代表理事 髙貝正芳【たかがいまさよし】

公益社団法人 危機管理協会 専務理事

「いのちを守る」活動と題し、学校や企業にてセミナーを行う。
「いのちの体験教室」はヒットプログラムとして、話題となっている。
「チームビルディング」「ミッション・リーダーシップ」「防災リスク・サーベイゲーム」等を オリジナルの手法を用いた優れた内容となっている。
「いのちを守る」シリーズのセミナーは独自の演出で熱い思いを伝え
感動を巻き起こします。

危機管理及び防災関連の体験型プログラムの企画制作、実施を行う今注目の   ファシリテーター

また、BCMコンサルティングにも多くの実績を持つ。

高貝代表のブログ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今思う事】

地震の歴史、そして都市直下地震の切迫感を多く耳にするようになってきた。

災害は、繰り返される。
しかし、これは、歴史ではない。

言い方は、適切ではないかもしれませんが、
私たちは、多くのかけがえのない「いのち」を代償に
私たちの大事な「いのち」を守るすべを手に入れることができている。

その意味で、私たちは、自らの「いのち」を守り、守ったいのちで、
愛するひと、大切な人の「いのち」を守らなければならない。

幸いにも私たちが元気な間に、大きな災害が起こらなかったとしても、
子どもたち、孫たちの世代では、必ずそれは来てしまうでしょう。

私たちは、「いのち」の大切さに深く気づき、「いのち」を守るすべを学び、
これを次の世代に伝える義務があるとおもいます。

【定款】

一般社団法人 いのちを守る@プロジェクトJAPANについて

当法人は、災害時において、そして、日常においても「いのちを守る事」の重要性、また、そのための具体的な方法に関する教育、啓蒙、コンサルタント事業を目的とする。

第4条 当法人は、前条の目的に資するため、次の事業を行う。

1 いのちを守るための防災、減災の重要さの啓蒙に関する講演・セミナ-の実施、セミナ-プログラムの設計、情報提供、出版及び電子出版事業

2 いのちを守るために必要となる知識情報に関する資格試験、検定事業

3 防災力の向上、BCP等に関するコンサルティング事業

4 防災に関するイベント企画、運営、実施、受託、及び出演

5 防災備蓄製品、防災備蓄食品、防災救急、救護関連製品、システム、ソフトウエアー等の開発、製造、輸入卸、販売事業

6 いのちを守るための防災、減災の重要さの啓蒙を目的とした飲食店の経営事業

7 指定訪問看護事業

8 小規模保育所事業

9 インターネットによる通信販売事業

10 インターネット、携帯電話、テレビゲーム機等を利用した防災に関する情報提供サービス事業

11 いのちを守るための防災、減災の重要さの啓蒙を目的としたソフトウエアーの開発、製造、輸入卸、販売事業

12 前各号に付帯または関連する一切の事業

以上